無垢材だから安心【自然素材の家に住もう!】

自然素材の量や使う箇所

使うメリットと費用

インテリア

自然素材の家には、部分的に自然素材が使われているものと、ほとんどが自然素材というものとがあります。
前者の場合は、壁や床など内装部分は自然素材となっていますが、屋根や外壁などの外装部分や、柱や梁などの目に見えない部分には新建材が使われています。
したがって、自然素材の見た目や手触りを楽しむことを希望する人には、こういった自然素材の家が適していると言えます。
一方後者の場合、内装にも外装にも、そして壁の内側などにも、自然素材が多く使われています。
特に無垢材が多用されていて、天井板や欄間、敷居や階段の踏板といった木部は、基本的には全て無垢材となっています。
さらには、ドアや飾り棚といったインテリア部分も、無垢材で作られていることが多いのです。
そのためこのタイプの自然素材の家では、無垢材独特の温もりを堪能できる上、調湿効果も期待できると言えます。
さらに、新建材がほとんど使われていない分、ホルムアルデヒドなどの化学物質が多く放出されることがないので、体に優しい点からも注目されています。
シックハウス症候群の人や、抵抗力の弱い赤ちゃんでも安全に生活できる可能性が高いのです。
ただし自然素材は、新建材と比較すると仕入れに費用がかかるので、自然素材の家は一般的な家と比較すると価格が高めです。
部分的に自然素材を使った場合でも、1坪あたりの建築費用が、平均の約1.3倍の60万円前後となるのです。
そのため自然素材の量や使う箇所は、メリットだけでなく予算も考慮して決めることが肝心とされています。

収納部分を充実させる

ウーマン

東京の狭小住宅のキッチンで楽しく効率よく作業するには、収納部分の充実が欠かせません。
基本的には、ごちゃごちゃとした見苦しい物は隠して見えるところをすっきりさせるとよいでしょう。
家具を置くとどうしても狭くなるので、できればキャビネットや引き出しを有効に活用しましょう。
奥の方に手が届きにくいキャビネット下のスペースは、棚を付けたりスライド式の収納グッズを活用する方法をおすすめします。
奥の物も取り出しやすく、デッドスペースも少なくなります。
また引き出しは普通のものよりも少し深めにしておけば、大きい家電製品をスッキリと収納できます。
設計の際に、造作の棚を依頼するのもいいでしょう。
東京で狭小住宅のユーティリティを設計する際には、家事コーナーとして使い勝手のよい空間にするのはもちろんのこと、家庭内のワークステーションとして使うことも考慮したつくりにした方がいいでしょう。
壁面の小さな空間でも、合理的に活用すれば機能的なユーティリティになります。
例えば、パソコンなどの情報機器を置いた場合、比較的長時間を過ごすことになりがちです。
そこで椅子のおけるスペースや照明の充実などの配慮が必要です。
東京の狭小住宅でキッチンセットをどのようにレイアウトするかは、ライフスタイルによって決まります。
種類はI型やL形やU型などがあります。
料理に専念したい人ならI型が良いでしょう。
これは設備が横一列に並んだ最もシンプルな基本的なキッチンです。
壁の一面に据え付けることが多いようです。
またスペースを有効に活用したいならL型が良いでしょう。
壁のコーナーを生かすことが多いのですが対面式にもできます。
DKにいる家族との会話も弾み、東京の狭小住宅でも楽しく作業できます。

未来を見据えて建築する

一軒家

年代を問わずに人気のある、吉祥寺駅周辺で販売されている新築一戸建ての価格は、7000万円前後が平均的です。
そのために初めてマイホームを買う場合には、格安な中古物件を選んで、入居前にリフォームを行うのが静かなブームです。
不動産情報サイトで4000万円前後の中古一戸建てを探すことができるので、予算が限られていても、暮らしやすい居住環境が実現できるでしょう。
リフォームしやすい物件を手に入れる場合には、在来型の木造建築の中古一戸建てにこだわるのがポイントです。
古くから住宅開発が進められてきた吉祥寺には、質の高い在来工法の物件が豊富にあるので、購入後のリフォーム工事もスムーズです。
大規模な改造工事を前提に吉祥寺の中古一戸建てを探す時には、壁の撤去が容易な構造の物件を選ぶのが賢い方法です。
壁が撤去しやすい物件を選ぶと、リビングルームやベッドルームの拡張工事も、スムーズに行えるでしょう。
しかし業者が推奨する中古物件を購入して、耐震性の強化にターゲットを絞ったリフォームを行うのが、新しい流れです。
技術革新によって低予算でも耐久性を高められるので、吉祥寺で中古一戸建てを買う人の多くが、建物部分を強化する工事にも意欲的です。
また販売中の中古一戸建ての多くがファミリー向けの間取りですが、シニア層が住まいを買う動きも盛んであり、高齢者向きのリフォームへの需要も大きいです。
段差が少なくて階段も緩やかな物件であれば、500万円程度の予算でバリアフリー化も行えるので、定年退職後の住まいにも最適です。

コスモ不動産

住みやすいと話題になっている川西で新築一戸建てを購入するならコチラで決まり!ローコストなのに、素敵なマイホームづくりをお手伝いするようです。

環境に順応できる家

おもちゃの家

樹木や石灰などの自然素材には、空気が出入りできる小さな穴が多く開いています。そのため自然素材の家では、屋内の湿気やよどんだ空気が排出されます。さらに地域産の自然素材が使われていることが多いので、地域の風土になじんでいる分、長持ちしやすいと言えます。具体的には、良い状態が50年以上持続するのです。

もっと読む

気持ちよく暮らせます

設計図

自然素材の家の家は近年注目を集めています。その理由として見た目にも優しく、住み心地がよい点が挙げられます。また、こまめなメンテナンスも必要であるため、家とともに成長していくことができるのも人気です。依頼する際には、自然素材の家専門の業者に依頼しましょう。

もっと読む

長く住む家へのこだわり

一軒家

現在、自然素材の家を選ぶ人が増加傾向にあります。自然素材の家が注目される理由としては、化学物質を含まない資材で作られた家で安心して過ごしたいというニーズが高いことがあげられるでしょう。他には、自然素材が持つ吸湿性で快適な住み心地が実現できることや素材の持つ味わいの魅力などもあげられます。

もっと読む