無垢材だから安心【自然素材の家に住もう!】

環境に順応できる家

湿気や汚れを排出

おもちゃの家

現在の日本の住宅では、ガラス繊維や強化プラスチックといった新建材が多用されています。これらには水や空気を通しにくい性質があるので、使用することで、雨水や隙間風の入りにくい住宅が完成するからです。ところがその分、屋内の湿気や淀んだ空気も排出されにくいと言えます。これがカビやダニなどのトラブルを引き起こすこともあるので、それが気になるという人の多くが、自然素材の家を選んでいます。自然素材の家では、樹木や石灰といった自然素材が建材として使われています。これらには、目に見えないほどの小さな穴が無数に開いていて、そこからは空気がわずかに出入りします。空気中の湿気や汚れも一緒に運ばれるので、これにより屋内の湿度上昇や空気の淀みは防がれやすくなるのです。そのため自然素材の家は、適度な湿度ときれいな空気を希望する人から注目されています。また自然素材の家には、多くの場合、その地域で採取された自然素材が使われています。なぜなら地域の風土になじんでいる自然素材を使用すれば、住宅がそれだけ長持ちしやすくなるからです。たとえば乾燥した寒冷地で育った樹木を、高温多湿な地域に植え替えた場合、その樹木は環境にうまく順応できず枯れてしまうことがあります。住宅建材でも同じことが言えるので、そのため地域産の自然素材で建てられていることが多いのです。こういった理由から、自然素材の家は一般的に50年以上良い状態を維持できるとされています。中には100年以上長持ちする自然素材の家もあるので、子供や孫に残すために購入する人も増えています。

メリットがたくさん

間取り

注文住宅は、一生に一度のとても大きな買い物です。夢が詰まったマイホームを建てることで、人生がより豊かになり充実すると言われています。マイホームを建てるにあたって、まず最初に行うことは土地探しです。家を建てるための土地を探し、その土地の値段や条件などから上物の予算を決めたりするためです。しかし、特に東京は、余っている土地が少なく、少しでも良い条件の土地はすぐに埋まってしまうという特徴があります。せっかく良い家を建てようと思っても、良い土地が見つからなければ後悔の残るマイホームになってしまいます。そこで目を付けるのが、狭小住宅です。狭小住宅とは、通常の家よりも小さい坪数に建てられた家のことで、現在密かに人気を集めているのです。通常の人であれば見送ってしまうような狭い土地は、競争率の高い東京でも意外と残っているものです。狭小住宅のメリットは、お金の安さです。坪数が少ないため通常よりも安く購入出来ますし、また固定資産税などの税金も安くなります。また、家族との距離が近くなり絆が深まると言ったメリットもあげられます。このように、良い土地がなかなか見つけられない人気の東京だからこそ、狭小住宅に目を付けてみるべきなのです。狭小住宅であれば、東京駅近く、南向き、角地、などの好条件でも簡単に土地が手に入るかもしれません。良い土地がない、と諦める前に、様々な視点から土地探しをしてみることがおすすめです。

都内屈指の人気の街

間取り

不動産検索サイトなどが実施する住みたい街ランキングで常に1、2を争う人気を集める街と言えば吉祥寺ですが、実は東京23区内ではなく武蔵野市に位置しているということは意外と知らない方も多いようです。この吉祥寺で一戸建てを建てようとした場合、人気があるだけに不動産価格もかなり高くそれなりの予算を確保する必要があります。もっとも、吉祥寺と言ってもエリアによって地価の水準は異なるため、場所によっては思ったよりもリーズナブルに一戸建てを建てることができるかもしれません。まず、吉祥寺駅の近隣は高額であることは間違いありません。地名で言うと吉祥寺本町や南町といったところになります。少し離れて東町、北町にいくとそれよりはましですが決して安くはありません。手ごろな物件を探すのであれば、駅の南側の三鷹市エリアを見てみるのがいいでしょう。駅から離れた井の頭線の三鷹台付近の井の頭や牟礼といった場所まで行けばかなり地価も下がってくるため、金額を抑えたければこの辺りを探してみてはいかがでしょうか。一戸建ての場合、土地に続いて建物を建てる必要がありますが、ここで重要なのはどこの会社に依頼するかです。大手から地場の工務店まで数多くの選択肢があることから、一戸建てのイメージを固めたうえで、自分の好みと予算に合ったところを探す必要があります。信頼性で言えば大手が一歩リードしますが、安く建てたければ工務店も決して捨てたものではありません。