無垢材だから安心【自然素材の家に住もう!】

気持ちよく暮らせます

価格に違いがあります

設計図

自然素材を取り入れて家を建てる人が近年、増加してきています。自然素材の家は見た目にも優しく、体にも良い影響を与えてくれることから多くの人に親しまれています。自然素材の家に利用される資材として挙げられるのは、珪藻土や漆喰などを用いた壁、無垢材などのフローリングが代表です。漆喰や珪藻土を利用することによって、湿気を除去してくれ家の呼吸を妨げないメリットがあります。夏には高温多湿になりがちな日本の気候を快適に過ごすことができる素材であることから、近年、注目されているのです。工夫することによって、費用面でもクロスよりも抑えることもできる場合もあります。無垢材のフローリングは見た目にも優しく、自然素材の家では広く取り入れられる素材になっています。無垢材のフローリングの特徴としては、価格が通常のフローリングよりも高くなりがちなことです。しかしながら、費用面で抑えたい場合には、木の素材を変えることで大幅に費用を抑えることもできるのです。見た目にも気持ちよく、家と共に歴史を刻んでいくことができるのが自然素材の家の良さと言えるでしょう。しっかりと手入れをしてあげることによって、味がでてきて家族とともに変化していく家を楽しむことができます。自然素材の家はメンテナンスに手をかける必要があるため、家を育てるといった愛着をもつことができます。このようなメリットをもった自然素材の家を建てたい場合には、専門の業者に依頼することをおすすめします。素材にあわせた施工や設計を考えてくれる業者であると完成もきれいであり、経年劣化も防止することができるでしょう。まだまだ専門の業者が少ないため、何軒かの業者に相談をして納得できるところに依頼をすると安心です。

節約と環境保全

家

東京に建てる狭小住宅のプランニングは、間取りや内装ばかりに気をとられ、つい後回しにしてしまいがちなのが屋根の形です。しかし実は、住まいの外観のデザインや採光も、屋根の形に左右されてしまう重要なポイントなのです。また、屋根は形が複雑になればなるほど面積が増え、コストもかかってしまいます。敷地の形や向き、気候などを考慮して、屋根の形と特徴を生かした狭小住宅をつくるプランニングが大切です。狭小住宅の屋根を有効利用する方法として、一番一般的に取り入れられているのが太陽電池で知られる太陽光発電です。屋根に乗せた発電パネルに太陽光が当たると直流電気を起こし、インバーターで交流電気に変換させます。その電気を家の中の家電製品などに利用します。電気が余ると電力会社に売ることができます。また、発電量が足りない場合は、自動切換えで通常と同様電力会社から電気を買うことができ、たいへん便利です。狭小住宅の太陽光発電は、屋根のスペースを有効活用できるだけでなく、節約とクリーンエネルギーを使うことで環境保全にも役立ちます。また、屋根面で集めた熱でお湯を沸かし、給湯に利用する太陽熱温水器は、東京の日光が当たる屋根であれば50度程度の熱を取ることは難しくないといわれます。最も簡単なシステムのものでも、東京で晴れの日なら真冬でも40度以上、真夏には70度以上のお湯にすることができます。東京では、3平方メートルの集熱器でおよそ200リットルほどのお湯が得られます。

ホームパーティをひらく

家

多彩な料理をずらりと並べて大人数で食卓を囲み、わいわいとホームパーティを開く。一戸建て住宅ならご近所への音を気にせずに楽しむことができます。ホームパーティが終わってから食器を洗ったり掃除機をかけたりするのにも、ご近所への音を気にせずに済みます。一方マンションやアパートなどの集合住宅では、壁や床がご近所とつながっているわけですから、なかなか難しいものです。一戸建てというと吉祥寺にも住宅街がありますが、分譲住宅(ぶんじょうじゅうたく)と注文住宅(ちゅうもんじゅうたく)とがあります。住み始めてみると同じ一戸建てということになりますが、購入までのプロセスは大きく異なります。分譲住宅というのは土地と建物がセットになって売り出されているものです。似たような一戸建てを並べることによって街並みを揃えることができることができます。分譲住宅は吉祥寺でも多くみかけますが、実際の建物を見て決めることができるということと、価格がわかりやすいのが魅力です。吉祥寺では建物が建つ前に売れてしまうこともあります。土地が気に入れば図面から建物の間取りなどを確認して実際に建ったものを見る前に購入を決めるという場合です。注文住宅では土地と建物を別々で購入することになります。建物の外観も間取りも壁紙からコンセントの位置に至るまで、好みのものを建てることができます。吉祥寺の街に溶け込むような建物を建てたり、本格的な防音室を作るなど心ゆくまでこだわることができます。